自分に合った腕時計の選び方

Posted on by 0 comment

腕時計は毎日身につける物ですから、自分に合った物を選びたいものです。

まずは、どのような場所で使うかと言うことが第一に問題になります。

仕事中に付ける物であるなら、余り派手にならず機能的であることが望ましいでしょう。

スーツを着ているのにGショックでは、なんとなくちぐはぐです。

スーツ着用のサラリーマンであるならシンプルなデザインを選ぶと無難です。

できれば、厚みの少ない物が理想的です。

なぜなら、厚みがあると袖口が引っかかり邪魔になりますし、スーツを傷める原因にもなります。
また、職業によっては秒針がなくてはいけない場合もあります。

看護師の方には必需品です。

患者の脈を測る際などには秒針が必要なのです。
また、仕事以外でもダイビングをするならダイバーウォッチが不可欠です。

ベゼルが付いていることで潜り始めてからの時間を一目瞭然に知ることができます。

つまりは、危険防止になるのです。
さらに、葬儀の際などに派手な時計やスポーツに適したようなものでは、やはり不釣り合いになります。
最近は少ないですが、和服を着る方は腕時計や付けない方が良いでしょう。

懐中時計をお勧めします。

女性用の小さな物もありますからそれを選ぶと良いでしょう。
腕時計の選び方は、使うシチュエーションに合わせるということが一番大切なのです。
できることなら何種類か購入しておくと良いでしょう。

時計買取はコチラです。

Category: 未分類

時計ブランドの「ブレゲ」とは

Posted on by 0 comment

時計ブランドのブレゲは そのブランドとしても名高いのはもちろん、
創設者のアブラハム ルイ ブレゲ、彼自身も歴史的に有名です。

ブレゲはスイスで生まれ、フランスで開発を学びました。

この、ブレゲという時計職人は「時計の歴史を200年早めた人物」と言われています。
ブルゲ。と呼ばれたり、発音、表記されることもあり
彼が時計の歴史に与えた影響は多大です。

永久カレンダーや ミニッツリピーターと呼ばれる、暗闇でも音で知らせるシステムや
重力の影響により 時計の時間がずれるのを防ぐトゥールビヨンなど。
時計に関する技術を いくつも実現、発明させてきました。

耐衝撃装置や時計の信頼性を高めるためのカーブなど
文字盤や針や装飾にいたるまで 数えきれないほどの業績を残しました。

ブレゲの発想と実現こそが 今の時計を成り立たせているといっても過言ではないくらいです。

なお、一点ものではありましたが 今でいう腕時計の原型
腕に着けるタイプの時計も 発見されています。

24時間以内のスピード査定

ブレゲは 世界5大時計のひとつになっています。
あの ナポレオンやマリー アントワネットもブレゲの時計を愛用していました。

時計といえば ブレゲ。ブレゲの時計買取はこちら。
といってもいいくらい ブレゲの存在感は他の時計ブランドとは また異なる次元かと思います。

関連リンク

ヴィトン買取のブランドファン

Category: 未分類